2015年07月06日

眠い目こすりながら

なでしこ残念だったね〜。

たちあがりのあれは
なんちゅうか
「アメリカの気合」っていうか
意地っつうか
爆発してて

ちょっと唖然としちゃったけど。

わたくしは
澤選手とワンバック
注目〜〜だったんだけど
2人とも
「真打」感が強くて
さすがだった。

澤選手自身も
「やりきった」

いやあ、なかなか言えない。

そういうことは。

ワンバックは
ワンバックで

大向うから声がかかりそうだったし
アハハ

ミッキーカーチスどんが
Twitterで

「ついこのあいだまで無名だったのに、
仕事でもないのに
このおれを朝早くから起こしただけても大したもんだよ(笑)
ナデシコおめでとう〜\(^o^)/」

って書いてて

いや
ほんとうに!

うんうん。

準優勝
悔しかっただろうけれども

それでもさ
おめでとう!!

立派だったさ〜〜













posted by tonnchikikazoo at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

力になる言葉

CIMG7044.JPG
ずいぶん前の話になるけれど

わたくしが勤めていた会社は
画廊も経営していたので
その関係で
いろんなアーティストと
呼ばれる人に会ったのでしたよ。

個展をやる人は
事前に
関係者、知人・友人集めて
ちょっとした立食パーティっつうか
そういうことやることが多くて

サンドイッチとか
コーヒーとか
希望があれば
ケータリングで用意したりして。

いろ〜〜んな人が来た。

個展をやった人
会った人の中には
その後
有名になっていった人もいれば

「あれがピークだったんだろうなあ」って人もいて

まあそれこそ
人それぞれ
人生いろいろなんだけど

山本容子って人は
間違いなく
有名になっていったパターンの人だわね。

わたくしは
正直
彼女の作品は
ピンとこなくて
その後店に置いた彼女の作品も
買うことなく・・・に終わったんだけれど

美貌とその派手な男性関係で
当時から有名だった彼女は
京都の街中を歩いている姿を見ても
ちょっと
やっぱ
目をひく感じだった。

で。

雑誌を読んでたら
その
山本容子が
対談していて

へーーー

あら懐かしや

ふむふむって

今、なんか
病院の天井とか壁を綺麗にするっつう
活動をしているんだそう。

彼女の父親が病院で亡くなったそうなんだけど

亡くなったあと
そのベッドにねころんでみたら
涙が出てんだってさ。

贅沢を極めた男(父親)が
最後に見ていたのが
この汚い天井か・・・って。

で、
「自分のやってることを
アートなんて言ってるけど、
目の前の人に何もできないというのは
どういうことなんだ」
って考えて

そういう活動に結びついていったらしい。

なんか
そのくだりから
ちょっと
引き込まれた。


彼女に共感する人や
寄付してくれる人も出てきて


でもいざやり始めてみたら
結構
「なにを描くか」ってのも
難しいって話とかあって

(病院だから
安易に雲なんか
描けない
早く天国においでみたいに
なっちゃうし・・・とか)

ふむふむふむと
読みすすんでいったんだけれど

その活動のきっかけになった
亡くなった父親が
彼女に言っていた言葉ってのが
おりにふれ
彼女の力になったってことで

かな〜りトッポい父親だったようなんだけれども

いわく

「容子な、
みんなが何か騒いで
一方へウワーって走ってるときはな、
必ず百八十度後ろを見ろよ」

ってこれを言われたのは
彼女が高校生の時だそう。

「いつもいつも
全部褒められてんのは、
まだ一人前やないで。

褒められるのと
けなされるのと
半分半分になったら、
ほんまに一人前や」

「みんなに
『容子ちゃんすごい、可愛い、面白い』
って言われてるうちは、
それはバカにされてるんやから」って(笑)。」

彼女が名をあげたその横に
こういうことを言う人が
いたんだね〜
そしてそれを

「すごく力になった」って受け止める娘山本容子。

わたくしちょっと
その
父親に会ってみたかったなあと。

話してみたかったかも。

「マイ・ストーリー」って
彼女の本の中に
まだあれこれ
エピソードが載っているらしいので

読んでみるかな。








posted by tonnchikikazoo at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

マッドな展開

Oさんの旦那さんは
国王と同じくらいの年代で

だからなのか
そうなのか

「最近
変な事件が多いのは
妙なサスペンスばかり
日本人が観ているからだって言うのよ」

・・・ふむ

まあ
それとこれとは・・・と
きっぱり言い切れない部分があるのも
事実だけどさ
う〜〜む

エンタメをエンタメとして
純粋に楽しむには
「精神の成熟」ってのが
必要不可欠だって思うけど

な〜〜んか
ちょっと
未熟系が幅をきかせて・・・って感じ
なきにしもあらずだしなあ。

「だから
あたし
相棒の再放送も
観たいんだけど
観ること
できないの」

あら
それはお気の毒。

やっぱ
好きなTVくらい自由にねえ〜〜。

けど
相棒の再放送
今はやってないけど

「あ、じゃあいいわ。」

アハハ
いいんだ。

いやあ
そんな
Oさんの旦那さんが
わたくし
案の定使い物にならない状態なんだけど

それでも
評判につられて
「マッドマックス怒りのデスロード」
観に行ったなんてお聞きになった暁には・・・

わははははは



「マッドマックス怒りのデスロード」の感想は⇒こちらから









posted by tonnchikikazoo at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

人生いろいろ

CIMG7010.JPG
本屋さんで
久しぶりに衝動買い。

ミチロウの写真が
すっげー吸引力

「宝島AGES」の最新号

あはは

そんでもって
この煽りコピーがさ。

「20年、30年は
瞬くまに過ぎてゆくさ」

確かに!!!

確かになあ〜〜。

中に登場する人物たちは
一世を風靡した人物ばかりだけれど

「変わっていく」こと
「変わってはいない」こと

代償

どれだけ
言葉を飾っても
見えてくるもの


顔ってすげえな

残酷だけど
全てを語る

そして
「今」

弁護士
キックボクサー
市会議員

人生いろいろ〜〜

いやあ
面白かった。

他人の人生を
面白かったって
言っていいのか
わからないけど。

でさ、
結局
「それで食えているかどうか」

それって大きな
大きな
ポイントだよなあ
と思ったことでもあったよ。

うむ。









posted by tonnchikikazoo at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

はらはらドキドキ勝利

なでしこ勝ったね〜〜〜

2対1で勝って

これで
ベスト8進出

いやあ1点返された時には

「や、や、
やめて〜〜〜〜!!!!」

アハハハハ

「ナデシコは心臓に悪い盛り上げが上手い〜〜(涙)」

って
マジだ。

マジだわ。

しかし
頑張った

頑張ったよ!!

次もなんとか〜〜〜!!!

ハラハラさせずに
お願いしますよ〜〜〜〜!!!






posted by tonnchikikazoo at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

あんだよ〜〜う


ご覧になりました〜〜???

昨夜の男子サッカー
シンガポール戦

わたくし
この間から
本田のイメージが
じゅんいちダビッドソン に侵食されてて
いやいやいやいや
いかんいかんいかん

ハリルホジッチ監督・・・
なぜハッチポッチ監督って脳内変換してしまうのか、わたくし・・・ 
いやいやいやいや
いかんいかんいかんいかん

で、

サッカー選手、
目立ち精神オオセイな方が多いのはわかるけれど、
アジアに金髪は難しいハードル高いってこと気づいて欲しいなり。
あ、あと長髪も。

とかぶつぶつ言っていたら

友人から

「許してやってくれw
いじるとこが髪型しかねーーだよw
それにサッカー漬けでセンスも微妙な仕上がりだし。
変ヘアはサッカーの華w
みんな角刈りもなんだしw」

そ、それもそうか。

『変ヘアはサッカーの華』×3回唱えて心静かに応援するのだ』

・・・・はい。

そういう訳で
わたくし
『変ヘアはサッカーの華』×3回唱えて
心静かに応援してたんだけどさあああああああああ

うううううう〜〜〜〜〜

100_1144.jpg

観戦後
因島のはっさくゼリーのパッケージのお顔に
なっていた〜〜〜〜
続きを読む
posted by tonnchikikazoo at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

天皇の料理番

今季結構まじめに観ている
「天皇の料理番」

そうTVの話しざんすけれども。

役者さんがみんな
気合入れてやっているのが
うんうんうんなんだけれども

中でも
鈴木亮平が凄い。
切なくて。

いやあ、体に悪いからもうデ・ニーロアプローチはやめてって思うけど、
あのやせた顔、喉仏!!!

説得力出ちゃうもんねえ。

彼をわたくしが注目したのは

おや?
面白い役者が出てきたじゃないかって。

目を離せない。

う〜〜む。

あとやっぱ黒木華、巧い!

現代風な顔でないことがいいんだよねきっと。

あんなけなげな妻役が
「しらじらしくならない」ってのは
たいしたもんだわよ。

で、この「天皇の料理番」の中で
わたくし
しみじみ感じているのが

お話とはいえさあ

昔の父親って
やっぱり格好いいなあってこと。

主人公を愛して愛して愛しぬきながら、
勘当を申し渡す父親をやっている
杉本哲太

白蛇抄のあの子が
こんな風にねえ・・・なんてことはともかく。

妻の父親だって
吝嗇で嫌なことばっか言うみたいに
見えるけれど
それはやっぱり

先に生きてきた者として
「言わねばならぬ」って

不器用だとか
頑固だとか

そういう安直な評を
退ける「覚悟」の人たち

一番損な役割、一番言いにくい事を言いおくという父親・・・

今はさあ
優しいONLYでそれが一番って風潮だけどねえ

やっぱり
「怒る」ことのできる父親の
存在感って
一番
かっけーよなあ って思いながら
観ているわたくしざんす。











posted by tonnchikikazoo at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

二条まで行った訳

CIMG6471.JPG
京都駅
よくTVのサスペンスに登場したりするので
有名ざんすよね。

で、鉄子や鉄男さんの間じゃ
知られているんだろうけれども

ここ二条駅
一見の価値あり。。

外観もだけど
ホームに立つと、ほら。
CIMG6467.JPG
屋根が
大きな
大きな
大きな木造式。

まあ
駅周りは
これといって・・・だけどさ

CIMG6468.JPG

あ、北王子、今出川、烏丸にもお店がある
FRIANDISE(フリアンディーズ)のお店が
二条にもあるか。

京都の人って
実は
懐石っつうより
パンが好き。

ここんちのパンは
そんな京都人も
おススメ
美味しいんだよ〜ん。

エピなんか
わたくし
何個でも・・・おほほほほほほ

ってか
なんで二条かと言うと



これですよ!!!!

体力的に
正直
これから一週間は
使い物にならないと思われますが

すんごいもん観てしまったッ!!!

まだご覧になっていない方

ぜひとも
映画館での鑑賞をおススメします。


レビュー書こうにも
あてられちゃって・・・なんだけど
これだけは
言っておかなくちゃ!!!

とにかく!!!!
映画館で観るべき価値のある作品
と断言致しまする。

ぜひーーー!!!!!!








ラベル:二条 映画 パン 京都
posted by tonnchikikazoo at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。