2015年11月09日

ジャンル不問なれど

天童よしみの歌を聞いて
つくづく思ったけれど

ジャンル分けなんて
意味ないねえ〜〜〜。

(まあそれでも
わたくしの中では
「芸能」と「エンターテイメント」の差ってのは
あると思うんだけどさ。)

観客を支配できるか
できないか

ジャンル分けには
そうしておけば
とりあえず便利がいいさってことくらいしか
思いつかないけれども

支配力の差ってのは
大きいよなあ〜〜。

わたくしがよしみちゃんを
聞こうって気になったのは

歌唱力よりも何よりも

とりあえず
「未成熟な可愛さ」で訴えるっていう方法論に
飽きているからかもしれない。

男でも女でも
若さゆえの輝きってのは
確かにあって

それは魅力的でもあるのだけれども

それだけじゃあ、なあ〜〜〜。

近田春夫じゃないけれど
最近の歌の詞の内容の貧しさ、浅さとかさ

初手から
「消耗品」としての扱いのようで
残念なのでありますよ。

まあ、だからといって
演歌にまっしぐら!とも思わないけどさ


今の若い人が
年を取った時には
何を歌うんだろうねえ〜〜。

ふむうう










posted by tonnchikikazoo at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

よしみちゃんはすごかった

POPS
FUNK
JAZZ
ブルース
ハワイアン
ボサノバ

いろんな音楽があって
それぞれに好きだけれども

「演歌」

・・・う〜〜〜ん
自分から積極的にって感じじゃないなあ。

田舎に住んでいるのに
更に田舎のホールに行ってきましたの。
CIMG7978.JPG

何をしに??

演歌はそれほど得意でないわたくしだけれども

「この人の歌唱力は
どれほどのもんなんだろう??」

って
興味をひかれて

CIMG7986.JPG
そうです!!
天童よしみのコンサートに、ね。

行ってきた訳ですよ。

予想はしていたけれども
観客の年齢層高し!!!!

小豆色
グレー、MIX毛糸率高し!!!

紫色の頭のおばさまも多し!!!!

そして
みんな
見るからにワクワクしてて
この日を楽しみにされていたのが伝わってくるので
なんかにこにこしてしまうわたくし。

CIMG7984.JPG
会場は
満杯
満員御礼

で。

よしみちゃん。

スパンコールでキラキラして
コ派手なこけしちゃんみたいで
可愛い。

なにより

巧いッ!!!!!

いやあ
これほどとは思わなかった。

異様な巧さ!!!

歌が巧いという「才能」
それを思い知らされるっていうか。

1時半に始まって
終わったのが
3時45分くらいだったかな

その間
「歌」で
飽きさせないって
すごいね。

いやマジで
あっという間だったもん。

わたくしは
別に格別なファンってわけではないから
彼女の持ち歌とか
知らない曲もたくさんあるんだけれど
それはそれとして
そんなわたくしでも
「聞かせてしまう」って
すごいわ。

なかでも
彼女
昭和の歌からっていうコーナーで
「黒い花びら」を歌ったのね

ご存知の方なら
頷いてくださると思うけれど
これは
「水原弘」の歌で
彼以外の人が歌っても・・・な1曲な訳ですよ。

それがさあ〜〜〜

いやあ
鳥肌もんでした。

よしみちゃん
「これから少しづつ厳しくなってくる」って
言っていたけれど

「今」
聞けて良かったわ。

うん。









posted by tonnchikikazoo at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

尾藤イサオは半端ない

CIMG7945.JPG
琵琶湖ホールに行ったのです。

い〜〜いお天気だったね。

わたくし
そんなところへ
何をしに行ったかというと

CIMG7935.JPG
これ!!
同窓会コンサートってのを
聞きに
観に行ったのでした。

あらまあ
懐かしき面々の顔が。

わたくしのお目当ては
尾藤イサオ
「明日のジョー」

はたして
どうかしらね〜〜って
思って
出かけたんだけどさ

CIMG7946.JPG
びわ湖ホールは
ロビーの感じがいい感じだね。

CIMG7952.JPG
中はこんな感じね。


さて、コンサートは
どうだったかっつうと

西城秀樹

大変な状況になっていたのね。

若いころ見たあの溌剌とした・・・


今、病気と戦っているその姿は
正直ちょっと痛々しくも思えたけれど
でも
歌声は力強く
見事だったよ。

頑張れ!!
としか言えないけど・・・。

で、
わたくしのお目当ての
尾藤イサオ

すげえ!!!

大好きな「悲しき願い」
「明日のジョー」を堪能するわたくし

年齢を調べて
「マジかよ!」って思ったんだけれど

1943年生まれってことは
72歳??

ひょえ〜〜〜〜〜〜

もんのすごい声量と
歌唱力!

やっぱ
「明日のジョー」は名曲!
AND名唱!!

「あしたは
どおっちだ〜〜〜🎵」

辺見マリ

「へ、やめて〜〜🎵」
を聞いて思ったけれども

「ヒット曲」を持っているってのは
強い。

で、よくさ
歌手が自分のヒット曲の歌唱を
変にこなれた感じに
歌うようになっちゃうことあるじゃん??

あれはさあ
違うよね

「ここであのこぶしを」
とか思いつつ
聞き手は聞いている訳でさ

歌っているほうは
「レコードじゃないんだ」って
変えたくなっちゃうんだろうけれども

今回のコンサートでは
みなさん
「素直」な歌い方で

ふむふむ

ってどこからの目線だ。


あとは
ガロ大野真澄
「学生街の喫茶店」
この曲は
な〜〜んでか
染みる。


昭和の歌っていうのは
「歌詞」がいいねえと
思いながら
外に出たら
CIMG7955.JPG
日が暮れるの
早くなったねえ〜〜。




お気楽日記 ブログランキングへ


posted by tonnchikikazoo at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

舞台のマジック

CIMG7860.JPG

舞台って
「残るものじゃない」けど
だからこそ
観ているこっちの
心の中に「残る」よね〜〜。

わたくしが大金持ちだったら
毎日観劇の日々・・・あ、体力的に無理か

でさ
役者さんの「実力」が如実に出るのは
舞台よね〜〜って思う。

キレイなだけでは
つまんないし
すぐに飽きてしまう。

TVの箱の中じゃ
素敵に見えても
舞台で素敵に見えるかどうかは
別のこと。

そんでさ
よく
「スタッフさんあっての自分です」
みたいなこと役者さんって言うじゃん??

わたくし
舞台って「照明」の力大!だよねえって
今回も思ったんだけどさ

照明うまくあててもらえないと
「魔法」が解けちゃう。

そういえば
わたくしの知人の兄上が
美輪明宏の照明やっているんだけど
美輪様の要求
かなりシビアって言っていたわよ。

ふむう

しかしそれにしても
女優陣はキレイだったな〜〜

わたくしはひたすら
紅葉しゃんに見入っていたけどね〜〜

あはははは





ラベル:山村紅葉 舞台
posted by tonnchikikazoo at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

神戸で貸切でじっくり

CIMG7827.JPG

ここはど〜〜こ〜〜だ。


写真右奥に注目!!!


そうです。


「神戸〜〜〜

泣いてどうなるのか〜〜♪」


の神戸!!


わたくしにとっては


よく遊びに来た場所であり

出張先であり

友達が住んでいる場所であり。


長崎出身者だからか

わたくし

港町にシンパシーを感じるっつうか


神戸もそうだし

横浜もそう。


で、今回

思い切って

ほんとに何年ぶりなのか


ここ神戸にやってきた理由は


CIMG7825.JPG

ここに来るため。


え〜〜〜

突然ですが

わたくし

並ぶのも人ごみも苦手。


っつうか、嫌いです。


田舎に住んでいるありがたさのひとつに

並ぶのと人ごみを避けられるってのが

あるけれど


(ってか

そもそも人の絶対数が・・・わはは)


そういう生活の中でも

「混んでいるかもしれないけれど

見てみたいなあ」

ってものがあったりする訳ですよ。


CIMG7815.JPG


神戸市立博物館でやっている

「大英博物館展」


これ観たいけど

でも・・・


そうしたら休館日の博物館を貸し切って

限られた人数で

(わたくしの時は27人

ゆっくりじっくり鑑賞してくださいっていう

バスツアーがあってさ


おお、いいじゃん!って

それに参加したという訳なのでした。


いや〜〜〜〜〜〜〜〜〜

良かった!!!


CIMG7813.JPG


「ハリーポッター」第一作に登場する

「ルイス島のチェス駒」

じ〜〜〜っくり

マジマジと見ることができましたの。

(場内はもちろん
撮影禁止だけれども
レプリカが上写真左に。
実物は当然
ぐーーーーっと小さいけどね)


すっげ〜〜〜POPだった。


そうなのよ

わたくしが

「おおッ!」って思ったものは

今の時代に出して勝負かけても

十分にPOP。


他にも

「ウルのスタンダード」とかさ

「ロゼッタストーン」とか


「ウルのスタンダード」は

「お!この人、えらいさんじゃない?」

って思っていたら

説明パネルに

「王は一際大きく描かれている」


ふむ。

やっぱしな。

表から

裏から

睨めるように見てやったぞ


わはは。


ってな調子で見ごたえあったわ〜

大満足なのでありました。


しかしなんだね


大英博物館のえらいさんが

ビデオで言っていたけどさ


「人間はみな同じ」


うん。

確かに。


恐れたり

哀しんだり

威嚇したり


エジプトもスーダンも中東もギリシャもローマも

アフリカもアメリカもアジアも


なんなやってることは

一緒だわね〜〜〜。


あ、わたくし

デューラ一作「犀(さい)」にも驚いた。


インドからポルトガルへの贈り物であるインドサイを、

サイを見たことのないドイツの画家アルブレヒト・ デューラーが、

説明書きやスケッチを元に想像で描いたっていうんだけど


人間の想像力ってすげえ〜〜〜〜!!!!


まだまだ

やっている

「大英博物館展」

お薦めざんすよ。






posted by tonnchikikazoo at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

それはめでたいニュースですな

福山雅治 吹石一恵と結婚!!!

おお〜〜う

久しぶり
BIGな芸能ネタですな。

最後の大物独身芸能人なんて
言われていた福山が
選んだのは
吹石一恵かあ〜〜〜〜

ユニクロでなにげに
ナイスばでいを見せびらかしておったあのお姉さんを選びなすったですか

ほほ〜〜〜〜う

『と、いうことは雅治の舅は元近鉄バファローズの吹石徳一!』
って
カトリーヌあやこ
つぶやいてて

おお、確かに!!!と
にやりなわたくし。

で、
このタイミングで
千原ジュニア
一般女性と電撃婚とか

Twitterでは

「タイミング考えろや!」

あははは
受け取る方もあれこれ混乱しとりますな。

とにもかくにも

おめでたいことざんす。









posted by tonnchikikazoo at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

3月のライオンみんなが待っていた

CIMG0650.JPG


雨の間を縫って
ウオーキング

折り返し地点にある
本屋さんで
本日発売の
「3月のライオン」11巻をゲット。

カウンターに出したら
店員さんが

「これ、私もすっごく待ってたんです!」

ってニコニコしながら
話しかけてこられた。

「あ、そうなんですね?
わたくしも楽しみにしていたんですけど」

「今日、帰って読むのが楽しみで」

「あはは
わかります
わかります」

「前巻のラスト
良かったですよね〜〜」

「ああ、ほんとうに。」

そんだけの会話なんだけれど

田舎の本屋さんの片隅で
こんな会話が交わされるほど
待たれる作品って
すごいやね〜〜。

いやほんとうに。

で、
今度TVアニメも
そして実写映画化もって話でさ。

アニメはともかく
実写映画化は怖いなあ〜〜〜

作品を好きな分
なんか、ね〜〜〜〜

ふふふふふふふ。









posted by tonnchikikazoo at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

台風一過は台風一家のことじゃない

CIMG7479.JPG
いやあ
すんごい風だった!!

ちょっと怖いくらいざんしたね。

ってか
そんな中で
『イントゥ・ザ・ストーム』
観ていたからいけなかった。

ばかちんなわたくし。

ご覧になった方は
ご存知だろうけれども

これ
竜巻パニック映画ざんす。

昔昔
オレゴン行った時に
泊まった家のおじさんが

「見に行くかい??」

って一体何を???

車で15分ほど走ってついたのは
竜巻が
通り過ぎた後の街で

屋根はふっとんでるわ
車はひっくりかえってるわ

いやいやいやいやいや
なんの見物だよって

日本に生まれて良かった
こんな思いはしなくていいし
って
すんげ〜〜印象に
残っているんだけど

・・・
・・・
で、って思っていたのにさあ
今じゃ
「竜巻警報」とか
驚かなくなっちゃったもんね

日本でも。

ううむう

なんてことを考えながら
家の中で
ドキドキしておったのですよ。

まあ
なんとか
バケツが転がってるくらいで

やでやで。。。な
本日の
青い空。









posted by tonnchikikazoo at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

ちゃんりおメーカーをやってみた

サンリオが
無料で配信している
オリジナルキャラクター制作コンテンツの
「ちゃんりおメーカー」

自分ソックリの
サンリオキャラが
できまっせーってやつで

有吉や
大島優子

西川貴教

たくさんの芸能人が
SNSで自分のを公開しているんで
見たんだけど

なかなか可愛い。

なので
ミーハーなわたくしも
いっちょがみ。

ちゃんりおメーカーには

写真から
作るタイプ

自分でパーツ組み合わせてってタイプと
2種類あって

わたくしは
写真からのに
小物を加えたんだけど
(王冠とか、手に持ってるものとか)


ちゃんりお.png

ふっふっふっふっふ。

怪しい・・・・。

なんでじゃ。

これじゃ
税関で
一発で止められる。

ちゃんりおメーカーは⇒こちらから










posted by tonnchikikazoo at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

ばらかもん

CIMG7154.JPG

よつばと!」をわたくしに教えてくれた友人から
「読んでみる?」と

ばらかもん

五島
皇太后の思い出の場所

わたくし自身も
長崎出身ということで

九州弁っつうか
五島弁満載
五島舞台
このコミック
(それでもだいぶ
わかりやすく書かれているけれどね)

まずはそこから
掴まれる。

でも
そうはいっても

所謂
「よつばと!」フォロワーコミックなんでしょ?
子供の描き方なんか
まさしく・・・っぽいじゃん
とか
ちょっと醒めていたわたくし。

けれど。

けれどね。

すみませんでした。

これ
すごいよ。

このコミックの7・8巻は
人の死を描いて
白眉だと思う。



「ねえねえ
どんな結婚式したい??」

そういうことを
言いたい子がいてさ。

この式場で
こんなドレスで

相手はこんな感じで。

わたくしまーーーーーーーーーーーーーーーーったく
その手の話に興味なくて

400人を集めた結婚式の主賓挨拶とか
京都の大庭園
プールサイドでの式だとか
TOKIOはxxxとか○○○○で使われたチャペルでの式
漫画人、イラストレーターだらけの人前式

経験だけはあるけれど

なに?
どうしても??

せめてどんなドレスを着たいか言えって??

あーーーードレスなんて似合わないだろうから
いっそタキシードだな
とか言って
呆れられていたのだった。


かくのごとく
結婚式には
まーーーーーーーーーーーーーーーったく
憧れも思い入れもなく
だによって現在に至るわたくしであるけれど

お葬式について
考えることは多い。

ま、そんだけ
年をとったってことなんだろうね

この世とあの世が
ひと続きと
実感として感じるようになってから

尚の事。

うん。

それは
決してネガティブな話じゃなくて。

ああ、でも
なんかよくある
「こだわりの式」とかさ
「自然に帰りたい」とかさ

そういうのには
全く興味ない。


ばらかもん読んで

「ああ、こんな葬式
いいなあ」
って
心から思った。


「葬式の日に
その人の人柄が
出っとたい。」

「天気も良くて

みんながあつまって 

涙ばかりの葬式じゃなか」

「オィも
こげん
カッコ良か
葬式ばしたかなあ」

まあ
わたくしの場合
とてもとても・・・
こんな理想とは
程遠いことになるだろうと思われるけれども、ね。

あ、あとひとつ。

「生きているうちに
たくさん話したから」

国王のお葬式の時
もちろん
涙は流れたのだけれど

遺体をみて
哀しいと
それほどは
思わなかった。

なんというか
・・・「入れ物」だったもの
そこにあるという感じで。

それってなんだろう

この気持ちって・・・って
ずっと考えていたのだけれど

その答えというか

それがこの中には描いてあるようにも思う。

いやあ
コミックを読んで
泣いちったのは
ほんと
久しぶりのことだわ・・・・。

・・・・で
教えてくれた奴が

「中二病で腐女子のタマ」
わたくしだと言うのだが・・・

一度
じっくり
話し合わねばならぬ。

ならぬなッ!!!!










posted by tonnchikikazoo at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。