2018年02月26日

くだらないと思われても幸せなんです、はい。

一時期、わたくしはPRINCEに、ドはまりしていた。
http://amzn.to/2BSv6EK


あまりのドはまりっぷりに
働いていた頃、
誕生日に
部長がタワレコのPRINCEのPOP(大きさは畳一畳ほどあった)を
もらい受けてきて、プレゼントしてくれた程だった。

ぎゃ〜〜〜〜!!!
わたくしは狂喜乱舞。

ちょっと・・・というか
かなりな、おばかしゃんっぷりを全開にしていたのだった。

PRINCEの孤独や、ストイックさや
だからこその弾けるステージパフォーマンスに夢中になって
自分の熱狂にSTOPをかけることができなかった。

お決まりのように
同じ曲であっても
「これはフランス盤、こっちはドイツ盤、そしてこいつがイギリス盤ね」
買い集めるのにも迷いがなかった。

今思えば
あ〜〜〜若かった。
若かったよなあ〜〜。

PRINCEが亡くなって
ああ、もういないのだなという寂しさと
それでも尽きぬ思いを抱えながら

「あれ程、一人のアーティストにはまることは
もう、金輪際、二度とないな〜〜〜。」

そんな風に思っていた・・・・んだけどさ。
CIMG1486.JPG
東方神起。
http://amzn.to/2BSTgyT


正直、自分がアジアのアーティストに、はまるとは思わなんだ。

「え?あんたが??マジ??」
何人かの知人に突っ込まれる。

わたくしは基本R&B、FUNK、JAZZが好きだ。

ルックス的にも
どちらかといえば「濃い」系が好み。
というか、「過剰」なものが好み。

アジア系は・・・
例えばダンスを踊るとする。
巧い。
わたくしには、どうしたって踊れないほどに(当たり前だ)
巧く踊っている。

だけれど、とわたくしは思ってしまうのだ。
なんかさ〜〜、同じダンスだったら
金髪碧眼、あるいは体にバネが入っているような
アフリカ系が踊ったら・・・そっちの方が、断然ハレルんじゃない??

な〜〜んか、アジア人、手足短くてさあ・・・う〜〜ん
巧いけど、「アジアの悲哀」を感じてしまう。

近親憎悪と言わば言え。

そんな風に、ずーっとずっと思っていたのよ。

と・こ・ろ・が

アジアでも、見栄えのする、ハレルダンスを踊れる
そして歌えるアーテイストがいたのね??

で、はまった。
東方神起、はまりましたのさ。

なんせ2人共でかいから、ダンスがハレル。

いいじゃん、いいじゃん。

そして曲にもよるけど
「こりゃ、まんまR・ケリーじゃんか!! http://amzn.to/2BRZ1x0 
クックックックック。」

あいや〜〜〜〜。

そして
はまるとさ、あれこれ、欲しくなる。
よく、「男性と違って女性に収集癖はない」とか言うけれど
オタク文化を知っている人なら
そこに性差はないと判って戴けるよね。

で、たとえ紙切れ一枚だとしても
彼らに関するものだったら、欲しくなりはするのだが
あれから時も経っている。

PRINCEの時の経験があるので
おばかしゃん道、まっしぐらには・・・とブレーキをかける・・・わたくし。

ん??

そうか???

・・・本当に???

先日、東方神起のガチャガチャで
スノードームが発売された。

お!?・・・と思うわたくし。

だけれど、ここは田舎。

そんなもの、売っている訳も、ない。

「・・・しっかたありませんね〜〜」

自分に言い聞かせるように言葉に出してみる。

ふ〜〜〜〜ん。

オトナ。

わたくしは、大人。

オトナだー。


CIMG1484.JPG


我が家に、一足早く、サンタさんがやって来た。



うぎゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!!!!!

・・・・・
・・・・・
・・・・・

TOKIOに住む友達が
わざわざ送ってくれたのだ。

人は、いや
わたくしは
なんの進歩していない
いなかったということを
深く、深く、心に刻みつけながら
にやにやにやにやしている。

サンタさんは、粋だ。

そして、新しいサンタさんになってって
弟に「実はさー」と頼んでみるわたくし。

いろんな人を巻き込んで・・・



おほほほほほほ。


オトナ。

わたくしは、大人。

オトナだー。



2017/12/21
11/10頃気になり始める
posted by tonnchikikazoo at 17:26| Comment(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

先入観は覆された

京都で「美女と野獣」を観た。

映画じゃなくて、舞台。

CIMG0681.JPG

京都劇場で劇団四季による舞台。

CGもなしに
これぞ「実写化」!!

なんだけれど、正直あまり期待はしていなかったのよ。

すみません。
間違っていた。

妙な先入観は持つべきじゃ、ないね。

少なくとも
あの舞台装置

あの役者さんの頑張りを
生で観る価値はあった。
ありました。

CIMG0684.JPG

しかし、どこにでもマニアというのは
潜んでいるもので

「日本語版とも歌詞、微妙に違ってたな」

とか終演後聞こえてきて、おののくわたくし。

ガストンがガストンのまんまだったこと。

ルミエールの「腰の線」。

ポット夫人の美声。

ベルの歩き方!!!

一見の価値あり!!!

CIMG0682.JPG



posted by tonnchikikazoo at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

化ける

CIMG0249.JPG

孤食ロボット
気に入ってます。

漫画でもアートでも
音楽でもなんでも

気に入ったものを追いかけていると
「ん?化けた??」
って感じる時が
時々、ある。

孤食ロボットも
この第3巻で化けた。

お勧めざんす。


お気楽日記 ブログランキングへ

amazonで期間限定無料になってて
1巻目読める。


お勧めは3巻目!






ラベル:漫画
posted by tonnchikikazoo at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

2016年作品ベスト10

ベスト10とは謳ったものの
毎度のことながら
優劣つけがたし〜。


期待してまだ観ていない
2016年度作品もあるしねー。


だけれど
締め切り間近なので

決めてみたのだ。


「面白かった!」これが
セレクト基準。



マンアップ.jpg


マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり


ご贔屓サイモン・ペッグのラブストーリー。

お相手のお姉ちゃんが、時々おかまちゃんに見えるってところも含めて

にやにやにやりのハッピーエンド万歳!


ミラクル.jpg

ミラクル・ニール!


そうだよ!

サイモンペッグだよ。

ストーリーはくっだらないけど

ワンコが可愛いんだもん。

しょうがない。





AMY エイミー

好きだったんだよ〜〜。

渦中、いろんなニュース、画像、観たけれど
それは、「ジャンキースキャンダル」ってのみの側面だったんじゃないかって思う。

もちろんこれも
そこを避けて通れない訳なんだけれども。

ふくふくほっぺの彼女の微笑みがあまりにも切ない。




シン・ゴジラ


映画館で鑑賞後
友人たちとあれこれ言い合って

その後のCMやその他媒体への侵略っぷりも含めて
邦画、頑張ったなってことで、ランクイン。





ゴーストバスターズ


本家でキャーコラ言っていたわたくしも

「ほ〜〜、こう来たか!」と

にやり、な出来だったよね。

マシュマロマンも出てきたことだしw。






デッドプール


ライアン・レイノルズの魅力を

理解した1本。





ジャングル・ブック


CGかあ〜〜〜って、ため息出た。

こう、狭いところにでっかいもんが突っ込んで
襲ってくるっていう怖さを実感。

それにしても

CG・・・。






ザ・ウォーク


これも、筋はめちゃくちゃシンプル。

だけど
お股がひゅーって。

妙に、妙に、印象に残ったのよ。

「気がしれんわ」って思いながら、鑑賞。




グランド・ジョー

金のためなら、女房も泣かす〜〜♪な

ケイジが、珍しくガチで頑張っている。






マイケル・ムーアの世界侵略のススメ


色々言われている彼だけれども
集大成、的な印象を受けた。

「許容」「寛容」

そこに、ここにきてのトランプ〜。

また、撮るかなあ〜。



掘り出しモノ賞



ドリーム ホーム 99%を操る男たち

う〜〜むタイトルが夢見がちだったから
可愛い話かと思えばとんでもなかった。

強制退去シーンで息苦しくなるわたくし。
ああいう場所に警察官同行なのか!ううう〜〜〜。


ほかに

ダーク・エンジェル 闇を支配した男



フランス組曲



ヤング・アダルト・ニューヨーク



アイヒマン・ショー



ZIPPER/ジッパー エリートが堕ちた罠


マギー



なんかも印象に残った。



シマンテックストア

ラベル:映画 ランキング
posted by tonnchikikazoo at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

ウインナー・ワルツ・オーケストラ

ウインナー・ワルツ・オーケストラの
宮殿祝賀コンサートってのに
行ってきましたの。

思ったよりずっと良かった。

今まで見たコンサートの中でも
上位にいくな。

うっとり〜〜。

堪能〜〜〜。






ラベル:コンサート
posted by tonnchikikazoo at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

SMAPの思い出




今日のTVは昨日あった
SMAPxSMAP最終回の話題一色!

わたくしはガチなファンって訳ではないのだけれど
知人が熱心なファンで

その引きで
一度、金沢へコンサートに行ったことがある。

友人は熱心だってのは聞いていたけれど
行ってみたら
席がステージから2列目だったか、4列目だったか
とにかくえらくいい席で
「え?いいんですか??」って、ビビった。

おかげで
超至近距離で観ることが出来たんだけど

その時の印象では
とにかく
メンバーの「お喋り」が楽しくて

「そうなの!これ会場ごとに違う内容だからさあ
結局、全国追っかけることになっちゃうのよ〜」って
友人は言ってたっけ。

なんせガチなファンじゃないのに
すみません〜な、わたくしだったけれど

そのステージのおしゃべりが楽しかったのは
聴くからにメンバーの仲が良いってのが
根底に感じられたからだった気がする。

最後の最後
中居君の背中
う〜〜〜ん

あの時聞いた
夜空ノムコウ

素直に泣けたんだよなあって
思い出している。





ラベル:SMAP
posted by tonnchikikazoo at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

なんか変だよ安藤さん

TVッ子のわたくし

昨日のサッカーは良かったね〜〜〜。
うんうんうん。




で、突然話変わるけど
このところ
かな〜り変だと思うのが
フジのグッデイ、
安藤優子の小池東京都知事に対する態度。

そりゃ
人間だからね
好き、嫌いはあるさね。

はいはい
人間だものね。

でもさ
このところの安藤どんの小池東京都知事に対する態度は
ちょっと、どうなの???

あまりにアンチが露骨すぎて
観ているこっちが引く。

小池東京都知事って
昔はさー正直「政界渡り鳥」なんて言われちゃって
あんまりいいイメージなかった。

やっぱ、あれかねー
権力者にすり寄るっての?
そういうんじゃなくちゃ
女性議員はやっていけないんだろうか??なんてさ

ぼーーーーーーっと
考えていたりもしたんだけれど
CIMG9682.JPG


でもさ
でもさー
わたくし、都民でもなんでもないけど

小池都知事、今は、かな〜り頑張ってるんじゃない???
踏ん張ってるんじゃない???

少なくとも
「なんでこんな出鱈目な状況がまかり通ってるの?」とか
「こりゃあ、東京都議会のことだけじゃないな」とか

彼女があぶり出してくれたおかげで
観ているこちら側でも

地方議会のいい加減さにもチェック入りだしたりしてさ。


最近じゃ
「しょせん、政治家なんて・・・」
だけで済まさず
その先を考えなくちゃだねなんて意見も
すっと出てくるようになったと思うの。

しかるに安藤どん。

まずは
小池都知事のファッションをくさす、くさす。

「鉢巻なんて昭和」らしいけど
いいじゃん、それで自分をアピールできたのなら。

泥臭くても
ファッショナブルじゃなくても

そこはそれ
あれはあれ。

「都民ファーストって言葉は聞き飽きた」

いやいやいやいやいや
それは一番大事なことなんじゃねえの??

周りのコメンテーターに
何かしらアンチ小池のコメントを
言わせよう言わせようとする。

で、アンチ意見が出ないと
憮然としている。

わたくしの友人曰く

「安藤さんのアンチ百合子は見てて不愉快になるほど...

嫌いなのは解ったけど、
都議会批判もせずに?と思う...

嫉妬にしか見えないそして見苦しい」

そうなんだよ

「都議会」に対するコメント、批判、検証ないのに
ファッション批判されてもさー。

やっぱりわたくしにも
安藤どんの小池都知事に対する「嫉妬」にしか見えない。

安藤さん
少なくとも
仮にもキャスターと呼ばれる立場にあるのならば
もう少し冷静になろうよ。

貴方の中の
「キャスター」に自負心があるのなら。

TVのこちら側の方が
よほど冷静に「貴方」を観ているだよ〜〜〜。






続きを読む
posted by tonnchikikazoo at 17:05 | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

3月のライオン12巻を読む

CIMG9767.JPG

雨のあいまを縫って
買いに行って
昨夜、3回も読んでしまった

「3月のライオン」
新刊12巻発買されましたのことよ。

内容はこれから読む方のために
詳しく書くこと避けるけれど

それにしても、だ。

改めて思うけれども

絵、巧いなあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いや、本当に。

物語を紡ぐ力もさることながら
この画力がなければ
きっとまた
違う届き方をしたはずなんだ。


あかりおねいちゃんの
ばいーんな魅力も
滑川七段の蛇のような存在感も
モモちゃんの熱の出たお顔も。

力がなければ
伝えられない。

力がなければ
届かない。

羽海野チカはそのことを
知っている。

いろんな世界
いろんな人

いろんな着地点。

その中で
「選び取る」ことの意味。

すげえなあ。

ふわふわのやわやわの
キュートなあったかい気持ちは

冷たく険しく
厳しい世界と戦った実力と
視線に裏打ちされて紡がれる。

まあ、とにかく
レンチンした濡れ布団みたいな
砂風呂
速攻お出かけしたっつう友達を羨ましく思いつつ

わたくしは冷やし白玉シロップでも
作りましょうかね。

で、さ
ねえねえ・・・おねいちゃん、島田さんと???

いーーーーーーー!!!!!

早くも次巻が待ち遠しいぞッ!!







posted by tonnchikikazoo at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

雨の日に笑うための本


うわ〜い

今日も雨!


昨日は
晴れた・・といえば晴れたけどさあ

昼からは曇っちゃって
お布団の乾きもイマイチだった。

さすがにお日様が恋しい。


しかし

雨なら雨で
楽しめることは沢山。

ってなことで
ゲットしました

南辛坊の本ざんす。

おにぎり顔で有名な南辛坊が
顔真似している・・・ただそれだけで
どうしてこんなにおかしいんだろう。

どうしてこんなに幸せになるんだろう。

うっふっふっふ。

似ても似つかない?

いやいやいやいや
顔真似界(って、どんな界なんだ)の
二大巨頭
(もう一人は清水のみっちゃんね)
の一角を担う人だからね。

凄いのよ。

わたくし的に受けましたのが
マツコと組んで話題になった

ロボット博士の「石黒浩」ね!!!

石黒さんってさー
こういっちゃなんだけど
ご自身のロボット感が半端ないじゃん??
なんつうか・・・人間離れしているっつうか。

だから却って似せやすい???

いやそれにしても!

結局もらうもんはしっかりもらって
美術品の処分もしたってニュースは聞こえてこない
「舛添要一」ね。

ふっふっふっふっふ

まあ、とにかく見て、見て、見ての79人+α

禁断のふなっしー、くまもんはもちろんのこと

「木村拓哉」で雨の憂鬱は吹き飛びます。
ええ。

ふっふっふっふふー。








ラベル:南辛坊 顔真似
posted by tonnchikikazoo at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

深谷かほるにはまってみる


わたくし
猫派でもなければ
犬派でもない。

しいていえば人間派。

だからこの本も
いわゆる
「猫、可愛いですよ〜」
って内容なら、う〜〜ん・・・だったと思うのだけれど

これ、良かったのよ。

深谷かほるの
夜回り猫。

一生懸命生きている人間に対する視線が
温かい。

温かいけれど
ぬるくは、ない。

わたくしは第十話と第十八話第六十三話が特に好き。

で、深谷かほるに興味を持ったわたくしは


エデンの東北に手をつけるw。

そうしたらさ

「貧乏なのは仕方ないけれど
貧乏くさいのは嫌いよ!」

ってセリフが出てきて
わたくし、心底、本当に、本当に驚いた!!!!!

ひゃーーーー
同じこと考えてた人がいたんだ!!

これさーわたくし
一時キャッチフレーズのように言っていたんだもん。

で、このシリーズも好みの内容で

何よりこのヒロインに
わたくしの友人のイメージがだぶってだぶって
うふふふふふ。

深谷かほる・・・
いいかもしんまい〜♪
ってことで、ちょっとお薦めなのだった。

『いま〜〜〜わたしの〜〜〜〜ねがーいごとが〜〜〜
かなーうなーらば〜〜
おかーねが〜〜〜ほし〜〜い〜〜〜♪』


お気楽日記 ブログランキングへ




posted by tonnchikikazoo at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。