2018年02月26日

もし娘に

恋愛の基本は、一人うっとり。
それは判っていることだけれど

大人になって
「私はこんなにも」と一人うっとりをこじらせて
繊細を気取るうちに、
被害者意識がダダ漏れっていうのは、
哀れなものだなと思う。

選ばれたゆえの被害意識の前に、
己も選んだという事実は、どこへ行ったのか。

そんなことにならないために
「女も経済的に自立して」と呼びかける女の
伝え聞く今の恋愛 が、ちっとも幸せそうに見えないのは、何故だ。

「引き受ける」ということは
条件ではない。
覚悟だろう。

もしも娘に教えることがあるとすれば

「誰にも言わずに最後まで秘密を守れるか。」

それがたとえお日様と共にある恋であったとしても。

友達にも
親にも
誰にも言わずに、その恋を、全うできるか。
昇華できるか。

そういう恋をしろ、と言う。

その覚悟を持てぬなら
それは、恋じゃない。

サカリだ。


posted by tonnchikikazoo at 17:54| ぶつぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。