2017年05月01日

先入観は覆された

京都で「美女と野獣」を観た。

映画じゃなくて、舞台。

CIMG0681.JPG

京都劇場で劇団四季による舞台。

CGもなしに
これぞ「実写化」!!

なんだけれど、正直あまり期待はしていなかったのよ。

すみません。
間違っていた。

妙な先入観は持つべきじゃ、ないね。

少なくとも
あの舞台装置

あの役者さんの頑張りを
生で観る価値はあった。
ありました。

CIMG0684.JPG

しかし、どこにでもマニアというのは
潜んでいるもので

「日本語版とも歌詞、微妙に違ってたな」

とか終演後聞こえてきて、おののくわたくし。

ガストンがガストンのまんまだったこと。

ルミエールの「腰の線」。

ポット夫人の美声。

ベルの歩き方!!!

一見の価値あり!!!

CIMG0682.JPG





posted by tonnchikikazoo at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。