2016年10月13日

奇跡的日常

TOKIOの大停電ニュースには
驚いた。

冷蔵庫が使えなくて大変って
御商売の人。

電車が来ないから
タクシーで帰りますって人。

暗いわ〜〜って声。

エレベーターも
エスカレーターも使えないよ。

大変。

で、わたくしは
ふとまた国王の事思い出したりした。

国王は特発性血小板減少性紫斑病に加え
肺がんも併発していたので
自宅で酸素吸入をしていたのだけれど

あれがSTOPしたら
えらいことだったよなあ。

もちろん
いざという時や
外出時のために
酸素ボンベもあったけれど

酸素ボンベはそうそう長時間
例えば24時間とか
そんな風にはもたなかったから。

CIMG9824.JPG

一度
真夜中
器械が故障して
とても怖い思いをした。

ぴーぴーぴーぴー
鳴り響く警戒音にうろたえて
半泣きになりながら
業者さんに電話したことが
昨日のことのようだ。

・・・
・・・

今回の停電で
同じような立場の方が
きっと大変な思いをして

きっと心細い思いをして
いらっしゃったのではないかと
そう思うと
切なくてぎゅーっとした気持ちになる。


どうか
御無事で。

そうだよね。

わたくし達の日常は
奇跡的なバランスの上に
成り立っている。

当たり前が
日常が

そこにあること。
続くことの幸せを想い願う。









ラベル:大停電 東京
posted by tonnchikikazoo at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Day of nursing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。