2016年09月17日

深谷かほるにはまってみる


わたくし
猫派でもなければ
犬派でもない。

しいていえば人間派。

だからこの本も
いわゆる
「猫、可愛いですよ〜」
って内容なら、う〜〜ん・・・だったと思うのだけれど

これ、良かったのよ。

深谷かほるの
夜回り猫。

一生懸命生きている人間に対する視線が
温かい。

温かいけれど
ぬるくは、ない。

わたくしは第十話と第十八話第六十三話が特に好き。

で、深谷かほるに興味を持ったわたくしは


エデンの東北に手をつけるw。

そうしたらさ

「貧乏なのは仕方ないけれど
貧乏くさいのは嫌いよ!」

ってセリフが出てきて
わたくし、心底、本当に、本当に驚いた!!!!!

ひゃーーーー
同じこと考えてた人がいたんだ!!

これさーわたくし
一時キャッチフレーズのように言っていたんだもん。

で、このシリーズも好みの内容で

何よりこのヒロインに
わたくしの友人のイメージがだぶってだぶって
うふふふふふ。

深谷かほる・・・
いいかもしんまい〜♪
ってことで、ちょっとお薦めなのだった。

『いま〜〜〜わたしの〜〜〜〜ねがーいごとが〜〜〜
かなーうなーらば〜〜
おかーねが〜〜〜ほし〜〜い〜〜〜♪』


お気楽日記 ブログランキングへ






posted by tonnchikikazoo at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。