2016年08月25日

ユーモアの裏側

人生どうなるか
わからないけれど

どうせなら
一日一笑!と願う。

抱えきれないことも
苦しい思いも

結局のところ
自分だけじゃなくて

何よりも
わたくしより厳しい状況を乗り越えてきた
友人たちは

ちゃんとそいつに向かい合ってきたからこそ
「綺麗に」笑う。

自分を
笑い飛ばしてしまう。

その格好良さは
「修羅場」をお客さんではなく
戦い抜いたからこそ。

・・・・
・・・・
CIMG9519.JPG

高齢者をあなどる人
わかったようにタカをくくる人

そんなつもりはないよ
わははははって

ユーモアのつもり??

同じことを自分が言われたら
きっと顔色が変わるくせに。


笑いながら聞いている
傷ついている人の
その裏側を

哀しみも切なさを
想像もできずに。

この道は
いつか行く道。

自意識ひねくり回す道具として
他人を使うな。


それは
ユーモアじゃ、ない。

ユーモアなんかじゃ
あるもんか!!




ベルメゾンネット




ラベル:高齢者
posted by tonnchikikazoo at 20:47 | TrackBack(0) | Day of nursing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。