2016年07月26日

外国人に人気とはびっくり

京都には100年続いてますなんて店は
ゴロゴロあって
いやそれどころか
100年くらいじゃ「鼻たれ小僧」扱いってのは
よく聞く話だけどさ

そうはいっても
長い間商売を続けるのには
もんのすごーく努力がいるよねー。

「この間ここにあった店
潰れちゃったの〜?」

ってのも、これまたよくある話。

最近
京都の街を歩くと
本当に外国人が多くて
清水寺や伏見大社

「一体ここはどこ?」

ってくらい。

だによって
 食べ物商売も
「外国人」無視・・・って訳にはいかないんだろうと
容易に想像できる。

で、で、で!!!

わたくしが驚いたのがさー

その外国人が参考にしている「Trip Advisor」

そこで発表された

そこにさあ、めちゃくちゃ見知った店の名前がッ!!!

「めん馬鹿一代」ってラーメン屋。

ここさあ、わたくしの勤めていた会社の事務所が
最初智恵光院にあったもんで

オープン当時から行って知っているんだよ〜。

集客に熱心で
当時はポイント集めるとグッズをくれるシステムになっててさー
わたくし、トレーナーを何枚かもらったぞ。

味は普通の(失礼)お店だけど
カウンターのみで食べられる葱ラーメンっての
やりだして

「炎はすげえけど普通のでいいよ〜〜
葱ラーメン食べる人いるの?」

「あー、まあ、ぼちぼち・・・」

なんて言っていたオーナー。

へ―
外国人に大うけなのかー。

英語でも説明って、オーナー頑張ってるな〜〜

ほ〜〜〜!!!
としみじみ驚くわたくし。

外国人だけじゃなく話のタネに
京都においでの節は
いかがかしらん。

おほほほほほ。










ラベル:ラーメン 京都
posted by tonnchikikazoo at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | がっつりおいしく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。