2016年07月02日

色々あるけど

介護生活ってのは

「じゃあこの月から始まりますので
準備よろしくお願いいたします〜」

ってなもんじゃないよね。

なし崩しに
或いは
ある日突然・・・だったりすると思うのだけれど

わたくしの知人は
「ある日突然」のケースで

実家のお父様が急に倒れられて、車椅子生活に。

幸い彼女は実家に近いところに嫁いでいるから
何かと実家に顔を出して
買い物とか
病院への送り迎えとかさ

手伝っていたらしいんだけれど

段々
段々実家の雰囲気が
変わっていくんだって。

まあそりゃあ

自宅介護ってペースを掴むまでは
あれこれと、だよねえ

って相槌打っていたら

いやいや
洒落にならんのよ

実家を継いでいるお兄さん一家の
状況が・・・っつうか

みんながどんどん機嫌悪くなって
どよ〜〜〜んとしてるんだって。


CIMG9214.JPG

お兄さん一家の
子供は娘2人と息子一人

それはいいねえ〜。
みんな20歳過ぎているなら
それなりに手伝いもしてくれるだろうし
頼もしいんじゃない?って言ったら

それがさあ
末っ子の
娘一人がニート。

でもさ今までは
両親が働いていたのでね
気ままに可愛い可愛いでやってきた訳ですよ。

今までは、ね。

でもさ
お父さんのことがあって
お嫁さんはパートをやめて。

で、
変な話
親戚とかから
結構頻繁に電話があったりするじゃん??

そうするとさ
いつ電話しても娘がいるけどって

今まで内緒にしていた家庭の事情も
あれこれ取り繕っていたことも
あっさりばれちゃって

悪気はないにしても
ちくちくちくちく言われる訳ですよ。

で、お嫁さんとしてはそれが気にくわない。
面白くない。

そんなの!!!って思ったりもするものの
どっかで
「今のままでいいはずがない」って
思っていた自分の気持ちをえぐられるっつうか、ね。

で、改めて
電話とってるわが子の様子を見れば
「敬語が使えてない」

うう。

そりゃあ
ちくちく言われるわよねってな
「隙」がバリバリ。

「ちゃんとしなさい!!」
って言ったら

なんせ今まで
可愛い可愛いで気ままにやってきた子だからさ
小言を言われるのに慣れていない。

「今更!!」

って逆切れされたらしい。

 あらららら。

だめじゃん。

今まで思ってもいなかった
「死」というものが
身近に影を落としてみれば

今まで見えないふりをしていたことも
明らかになってくる。

ってな訳で
こんなはずじゃないって
なかったって
全員が全員
ピリピリしているらしい。

で、
顔を出す娘である
わたくしの知人にもトバッチリがバチバチで、

「いい時だけ
ちょっとだけ来て
手伝ったつもりになられるのは
かなわない」

とかなんとか
負の連鎖。

あ〜〜〜
あるよね〜〜〜

いやいやまだまし。
そこに「お金」の問題が絡むと
もっと事態は・・・だったりしてくるよ〜ってわたくし。

「あ、言える。

私さ、「遺産なんかないですし」とか
この間言われてさ
まだ両親とも死んでもいないのに、何の話だって
さすがに切れそうになってさ」

「あー相当
嫁さんもストレス溜まっているんだろうけどねー。

あんたにしたら「実家」だけど
もう「別所帯」ですからってことを
わかって欲しかったんじゃない??」

「・・・まあ、そうかも。」

「結局さあ、いろんなことが明らかになりがちだよね」

「・・・そうよねえ・・・・
すべからく問題はさあ
介護自体っていうより・・・」

「人間だよね」

「そうねえ・・・」

「お兄さん一家の問題は
 お兄さん一家で解決してもらわなくちゃ
仕方ないからさ〜。


君は色々気を付けて・・・

とにかくお父さんとお母さんが
少しでも楽になるように
気を付けてあげるしかないよねえ」

「そうだね。
はーーーーーーーーーー

頑張らなくっちゃ、ね」

「ファイト!」

「・・・うん。ありがと!」


色々あるよね〜〜〜。
ほんとにさ〜〜。

「当事者」になるとね〜。

でもまあ、

ファイト!!









ラベル:ストレス
posted by tonnchikikazoo at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Day of nursing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。