2016年01月15日

HE IS ★

51BDvDnW-gL__SX425_.jpg
デヴィッド・ボウイが亡くなったって知らせは
結構衝撃だったわ〜。

わたくし
彼と
会ったことが、ある。

もうあれは
何年前になるんだか

そのころわたくしは京都の会社に勤めていたのだけれど
社長の言いつけで
蛸薬師から四条にあった直営店まで
お使いに出かけていたのだった。

で、京極から歩いて行くと
人混みが鬱陶しいので
寺町京極まで抜けて
そこから四条を目指したのね。

まだ寒い頃で
あ〜〜〜
なんかあったかいもんでも飲みたいなあ〜〜とか
ぼーっと思いながら
歩いていて

ふとみたら
お面を売ってるところがあって

狐とか
そういうお面。

そこに痩身の外人と日本人の男性とが
寄っているのが目についた。

先に目についたのは
日本人の男性の方で

「業界〜〜〜」ってな
感じでさ〜〜〜
いかにも!!って感じ。

で、その横の
痩身の外国人。

どっかで
どっかで
どっかで見たような気がするんだけど

え〜〜〜っと
知っている人???

いや
そんなん
外人の知り合いなんてわたくしには
いないしさ〜〜〜

・・・・
・・・・

通り過ぎて

ハッとした。

いやいやいやいや

んな訳ないっしょ!!!

こんなところに???

わたくしの頭の中で

「ボウイ???
ま、ま、まさか〜〜〜!!!」

大体誰も騒いでないし。

でもでもでもでも!!!

とうとう
辛抱できなくて

引き返すわたくし。

じーーーーーーーーーーっと
見たら
ま、間違いない気がする!!!

でも
そこから
どうしていいのか
わからない。

今思えば
サインの一つでも
ねだっておけば良かったって思うけれど

その時は
軽いパニックで

ただただ
目をまん丸にして
じーーーーーーーーーーっと
遠巻きに
見るのが精いっぱい。

横の業界風の男性が
気づいて
にやって笑って

ボウイに何か耳打ちした。

多分
「めんどくさい状況になると
いかんから
河岸を変えよう」

とか
そういうことを言ったんじゃないかと
思うのだけれども。

そうしたら
ボウイがこっちを見て

多分
目をまん丸にして
固まっているわたくしに
「騒がないでね〜」ってことだったんだろう

唇に指をあてて
「・・・シー・・・・」って
ポーズをしたんだわよ。

彼らが
歩いて行ってしまうまで

わたくし
動けなくてさあ〜〜〜

デビッド・ボウイ

確かに
★だったわ〜〜〜。

タートルネックが
異様に似合ってた。

で、会社に戻って
ぼーーーーーーーーーーっとしていたら

社長が
何かあったのかっつうもんで

じ、実は・・・って
焦りながら話したら

「ああ、
ボウイは京都好きで
別荘も持っているからな
遊びに来ていたんやろう」

って言われて

ええええ〜〜〜〜〜ツ???

相手が社長ということも忘れて

「ほんまか!!!」

と言ってしまうわたくし。

おっさん!!!
おっさんのくせに
何を知っているんや〜〜〜!!!!って

あははははは。

今でもあれは
夢じゃなかったんかって思う
ささやかなわたくしの思い出。

★は空に帰った。

決して古くならないその声と
音をわたくしたちに残して。

「・・・シー・・・・」


合掌。









posted by tonnchikikazoo at 15:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽の魔法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええなあ・・。

おらが有名人と街で会ったといえば
小学生の頃、墓場で谷啓と会ったぐらいだよ。

がちょ〜〜〜ん
Posted by ひみつちゃん at 2016年01月21日 19:53
ひみちゅちゃん
でもねえ
なんか
今も
いわゆる白日夢だったんじゃないか、と。

けどけど
京都でボウイに会ったって人
結構いて

そういうのを聞くと

あ〜〜〜
あれはやっぱり本物だったのだ〜〜って。

それにしても。

『墓場で谷啓』

会う場所も場所だし
会った人も渋い!!!

ってか
ほんとに谷啓だった???

鬼太郎じゃなくて?????
Posted by kazoo at 2016年01月22日 21:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。