2015年09月16日

1歩踏み込んだ

まあさ、「なにをいい気になってんだ」って
言われてしまえば
それでおしまいの話なんだけど。

ちょっと
ホームセンターに
御用があって
行きたいなって思っても

バスに乗って出かけるのが
億劫になっている
皇太后。

わたくしが代わりに行って
用を済ませることも多いのだけれど

花苗なんかは
やっぱり
自分で選びたいじゃない??

畑仲間のおじちゃんずの
メンバーの一人が

「用があるときは
いつでも言ってきな。
車を出すから」

そう言ってくださるのだけれど

やっぱさー
だからといって

「じゃあ
行ってください」っていうふうには言えない。


山下さんは
ぶっきらぼうな口調の人で

だから
誤解も受けやすかったりするのだけれども

ぱっと
王国の前に車をつけて

「毎年、確かこの時期
牡丹を植えていたよね。
今から行くけど
花苗買いに行くなら
一緒に乗って行かない??」

そう言ってくださるから

「あ、それじゃあ
お願いします」



おかげさまで
皇太后は
手に入れたかったもの
手に入れられて喜んでる。

CIMG7589.JPG
わたくし
どうしても観たいな〜って映画があってさ

でも体力的に
ちょっと自信がなかったのよ。

「あ、私も観たいんで
お迎えに行きます」

電車女ちゃんが
言ってくれて
付き合ってくれることになって。

せっかくのお休みの日だっつうに
朝早くのお迎え。
そして送ってもらって。

なんていうかさ

「1歩踏み込んだ優しさ」
「気遣い」

それをしてくれる人が
周りにいてくれるっていうのは
ありがたいことだなあって
つくづく。

なんの見返りもないのに、ね。

え?

映画???

面白かったわよ〜〜う♪

るるんかるんるんる〜〜ん♪










posted by tonnchikikazoo at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | マイセルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。